マイカー!マイライフ!車と共によりよい人生を生きよう!

家を選ぶように車を選ぼう

一番最初の車選びは、おそらく、多くの人にとっては、自分だけのために選ぶものでした。 その後、家族が出来、ペットを飼い、一緒に遊ぶお友達が増え、仕事と同時に介護も始まり、自分も障害をもってしまって日常生活に不便を感じるようになり…自分の人生の変遷とともにのる車も変わっていくものです。

エコロジーな車ってなんだろう

地球温暖化に脅かされ、環境に配慮する行動が何かと求められる昨今です。 今注目のエコカーとは、環境に配慮した、主にハイブリッドカーや電気自動車を総称した呼び名です。 世界規模で生産が進められている車ですが、果たして真の意味でエコロジーなのでしょうか?  ユーザーのお財布にもエコロジーなのでしょうか?

おすすめリンク

バイク買取業者の評判

バイク買取業者はたくさんありますが、どこがいいのかを口コミや評判で確認すると安心です。

たかが車、されど車

車は装飾品という考え方はあります。現実にできるかどうかは別として、洋服を選ぶように、車を選べたらいいですね。 車を見ることで、持ち主の人間性や、内面まで推し量られる場面は確かにあります。 仕事上、あまり安い車にのっていると足元をみられて舐められてしまう、ということも確かにあります。

かっこつけて、町にでよう

車を持つことが、社会人としての一つの憧れであった時代がありました(今でもそうだ、という人ももちろんいるでしょう)
戦後日本において、高度成長期においてはメーカー側もかっこよくて、実用性のある大衆車を生産できるようになっていきました。庶民にとって、車を所有することが夢ではなくなってきたため、車はある種のシンボルというか、ステータスを象徴する存在でもあったのでした。
しかし今は、車の存在意義が少し変わってきています。高い維持費を払って、所有するよりも、レンタカーやカーシェアリングで移動や資材運搬などの目的の時だけに使うだけで十分だと考える人も増えてきている印象です。
これは車そのものに魅力がなくなってきている、というよりも自分の身の丈にあった生き方でをしようという考え方が根付きつつあるということなのだと思います。断捨離やミニマリストという言葉がきかれるようになり、モノを所有することにこだわりがない若者が増えてきているということなのでしょう。
車を所有することを選ばない人が多数派である、とまでは申しませんが、たくさんものを持つことを魅力だと思わないと考える人が一定数根付いていることは社会的時流の一派となっていると思います。
車を移動のための実質的な道具として割り切りるのであれば、それもひとつの選択肢だと思います。
しかし、移動の間だけだとしても、より車内を心地よい空間にしてたいとか、エンジン音や足回りなどを凝りたい、車の中も外も思いっきりデコりたい!とこだわりを持つ人にとっては車は単なる移動手段ではなくなります。もう一つの家といっても差支えがないくらい、大事な大事な買い物になるはずです。